客観視

記憶の中で

抱えている出来事を

思い出した際に

イメージの中には

どなたが見えますか?

 

思いを抱えながらも出来事を

乗り越えられてきた方は

回想した際に

あなたも登場しているのでしょう

 

一方

 

思いを抱えたまま

時間が止まってしまっているかのよう

回想した際に

自分はそこにいない

 

回想シーンに自分が登場するということは

「自分を客観視できている」

のかもしれません

 

良い

悪いではなく

 

自分を客観的に見ることが

自分を癒す力になるのかもしれません

 

思いを抱えてきた出来事を

ありのままに受け入れ

多くの視点を持つことにより

 

ある日から

映し出す夢さえも

変化していたりします

 

あたたかい毛布の中で

幸せな映像を映し出されますように

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

田中絵里

 

 

 

 

 

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

揺らぎ

次の記事

意見