時間の経過

お互いに話し合いがうまく進んだと

思うことは

少ないのかもしれない

 

お互い気持ちがあるからこそ

ゆずれない事がある

 

どう感じているのか

 

お互いを知る機会が

話し合うことなのかもしれない

 

傷つけ合うための機会になるのであれば

 

避けたいと思うのが自然

 

思ってもいないことを

 

相手の言葉に反応して

 

強く返してしまう

 

もう話し合うことが

できなくなるかもしれない

 

そう感じて相手の言葉を受け取ることが

出来るなら

 

きっと

時間をかけて

お互いに歩み寄ることが

できるのかもしれません

 

時間の経過というものが

意味を持つことに

自らも経験とともに理解が深まるばかりです

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

12月30日までご予約のご案内差し上げております

ご予約・お問い合わせ | カウンセリングについて | 田中 絵里 公式サイト(くれたけ心理相談室 名古屋・知多) (counseling1.jp)

 

田中絵里

 

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

愛妻家

次の記事

12月の華麗な朱色