自律神経と五感の繋がり

朝晩の気温の変化が大きい日が続いています

 

・倦怠感を感じる

・頭痛がする

・身体がフワフワする等

・やる気が起きない

 

一日の気温差が大きい日が続くと

身体の不快な症状が現れてくることが

あります

 

自律神経という無意識に働いている神経が

関係している事があり

 

活動的、緊張に向かわせる→交感神経

休ませる方向へ向かわせる→副交感神経

この二つがバランスを取り

身体の働きをコントロールしてくれています

 

環境の変化や

気温の変化

考え事が増え生活習慣に乱れが生じたり

することで身体はストレスを感じています

 

ストレスが多くなると

自律神経が上手に働かなくなり

バランスを崩し始め

 

心に影響を与えてしまいます

 

実は

楽しい出来事や喜ばしい出来事も

興奮したり、緊張する事が刺激となり

ストレスの原因になる事があるのです

 

疲れを感じている時は

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚へ

「気持ちが良い」「気持ちがゆったりする」

「美味しい」と感じられる良い情報を

届けてあげられると良いですね

 

五感から得られる癒しの情報が

脳や感情を司る偏桃体へ伝わり

「気持ちにゆとり」を感じると

自律神経のバランスを整える

1つの方法へ繋がることもあります

 

ご自身のSOSに気付いてあげて下さい

 

どこかで五感が喜ぶ時間や出来事を

創り出せると良いですね

 

素敵な一日となられますよう

お祈り申し上げます。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

田中絵里

 

コメントはお気軽にどうぞ