パートナーって何?

ある神話からの考え方があるそうです

 

パートナーは

もともと一つだったものが分かれた

というふうにも考えられている

 

人はもともと

手が4本、足が4本

頭が2つで丸い形をしていて

 

走る時は8本の手足を使い

車輪の様にぐるぐる回っていた

 

それが

2つに切り離されたので

分かれた半身(パートナー)を

求め合うそうです

 

パートナーの存在は

「自分にとって大きな影響がある人」

 

パートナーと一緒に

生きていくという事は

 

2つの文化を折り合わせていく事

 

どちらかを片方の色で

染めるのではなく

 

お互いの知恵を利用して

新しい文化を創りだす

 

そして

特定のパートナーがいなくても

自己の文化を何人かのパートナーズの間で

磨けていけたらよいですね

 

ひとりでも生きられるし

相手がたまたまいるのなら

2人でも生きていける

 

パートナーの形はそれぞれ

この話はこの人

あの相談はあの人に

元気づけてもらいたい時は「大切な人」に

 

好きな人やものと

楽しくパートナー関係を

作れたら自信を持って

生きていけるのかもしれません

 

「自分自身が一番のパートナー」

 

(*対人関係療法資料一部参照)

田中絵里

 

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

未来への鍵

次の記事

「心」と「身体」