記憶の曖昧さ

どこかにおいたはずなのに

 

なかなか見つからないことがある

 

記憶も似たようなものかもしれない

 

辛い感情や悲しい感情は

意外とぼんやりしていて

 

嫌悪感だけ記憶している

 

経験してきた

深い嫌悪感にとらわれすぎると

 

身動きがとれなくなってしまうのでしょうか

 

時間は流れ

状況は変わっていきます

 

とらわれることなく

 

あなたが

感じることに

フォーカスしてみてあげてください

 

初めから誰もが

感情のコントロールが

できることはありません

 

「意識」付けですね

 

何事も

練習で変化していくのかもしれないです

 

快晴のGWは心地よくお過ごしになられます様

願っております。

 

田中絵里

 

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

「答え」